〈お盆といのちと虫たちと〉 おかげさまで、今年のお施餓鬼の行事が無事に終わりました。 今日からお盆が明ける15日まで、ご先祖様含め、帰ってきたすべての命と共に過ごす特別な6日間に入りました。8月に入り、広島長崎の原爆被爆の平和祈念の日があり、お盆の最終日には終戦の日があり。そんな中で一心不乱に鳴き続ける蝉たちの声に、帰ってきてくれた『いのち』の存在を毎年ながら感じています。 共に過ごす、つなげてくれた命の不思議さを感じるお盆でありますように。