投稿日: 2019/07/31

龍津寺 りょうしんじ おじま観音

開催日決定! #現代宗教ワークショップ「仏教の今を考える」

2019/09/01 – 2019/09/01
7月27日台風により延期となっていたワークショップの開催日が決まりました。
今回、発表者が一部変更となり、山谷の路上生活者の方への炊き出し支縁を行っている「ひとさじの会」代表の高瀬先生にもご登場いただけることになりました。

→当地小島にご縁が深く、いつもお世話になっている清水出身の近代宗教研究者の吉永進一先生のご尽力により、ひさしぶりに学術的な研究会を開催いただけることになりました。
今回のテーマは「仏教の今を考える」。世情も社会の仕組みも世代も大きく変わる中で、目の前の皆さんが幸せに暮らせるために、仏教者やお寺がどんな役割を果たせるかを、実践的な例と菩提心という一番の根っこの部分を元に考えます(きっとおそらく)。
どなたもご一緒に足をお運びください。ご厚意により入場無料・申込不要です。
(お問い合わせ:龍津寺054-393-3028)

勝野秀敏(龍津寺住職)「お寺からの出家〜必要とされたときに手の届くところにいるために」 13時30分ー13時50分

大谷栄一(佛教大学) 「ともに生きる仏教−−−−お寺の社会活動を考える」13時50分ー14時30分
質疑応答 14時30分ー15時

高瀬顕功(大正大学) 「社会参加仏教を考えるー路上生活者支縁の現場から」  15時30分ー16時10分
質疑応答  16時10分ー16時40分

司会とコメント 白波瀬達也(桃山学院大)

共催:科研「日本新宗教史像の再構築」(18H00614)、科研「日米の新資料による日本仏教グローバル化過程の研究」(17K02238)、龍津寺

なお、今回の開催は、吉永先生大谷先生小二田先生の多大なご尽力によるものです。深くお礼申し上げます。

お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。