小島 酒瓶神社 奉納相撲大会 連動 公開勉強会 於龍津寺 入場無料 寛政の改革と恋川春町 江戸戯作から風刺を考える 恒例になりました、酒瓶神社祭礼の夜の勉強会のお知らせです。 今回の勉強会では、小島藩士倉橋寿平こと、戯作者恋川春町を中心に、江戸時代の風刺の話を少々。 恋川春町は、寛政の改革の立役者、老中松平定信を茶化した黄表紙を書いたことで呼び出され、出頭しないまま亡くなっています。  何となくものが言いにくい時代と言うのはありますね。江戸時代は、とても幸福な時代だったようにも、様々な統制に縛られた不自由な時代だったようにも見えます。そんな時代に、「戯作者」と呼ばれた人達が何をしていたのか、ちょっと覗いてみましょう。 講師 小二田誠二先生 静岡大学人文社会科学部教授 日時 2018年10月14日(日) 17時30分開場 18時開演 (20時頃終了予定) 会場 龍津寺 入場無料 静岡市清水区小島町135 054-393-3028
静岡大学小二田誠二先生公開勉強会 『寛政の改革と恋川春町』
Oct 14, 2018 – Oct 14, 2018