ここはみんなで生きる分福の場所。

静岡市清水区で、あなたと幸せをわかちあうために。
静岡県 静岡市清水区小島町135
サイトのヘッダー画像です

最新情報

休校措置以降、普段通り本堂と境内を開放していて、毎日子どもたちが宿題片手に遊びに来ています。この日は、お天気が良いので、勉強しながら甲羅干し。みんなで守っていくからね。必要以上に不安にならずに、手洗いうがいをキチンとしようね。
本堂の開放は、平日の夕方5時まで、学校が始まるまで継続しますので、必要な方(こどもたち)は遠慮なくどうぞ。

連日寺子屋のような日々が続いていますが、本日は本物の土曜こども寺子屋。おかげさまで、月2回の寺子屋は13年目を迎えました。
今回、大学生が里帰りなどで参加が叶わず、先生役は私一人かぁと思っていたところ、思いがけず「拾う神あり」。お寺ですが。
時節柄、部活が中断中の中学生が6人、ついでに小島に里帰り中の大学生まで駆けつけてくれて、先生役の全員が、寺子屋のOBで揃うという、なんとも嬉しい「地獄で仏」の展開となりました。お寺だけに。
中学生からの「こんな時だから、普段できないようなこと、熱中できるものを探そうよ!」という、これまた目からウロコのご挨拶から始まり、勉強が始まれば、それぞれスッと寄...

詳細

一斉休校になってから、毎日子どもたちが宿題を持ってお寺に来てくれています。「本堂や境内はいつものように解放してますよ」のたった一文だけで、一時預かりのように特に仰々しくするつもりもないのですが、こうして楽しみに通ってくれるのは、続けてこられた寺子屋や分福食堂のおかげでしょうか。
中には、突然写経を始めた子もいて、「それどうしたの?」と聞いたら、「買ってきた。」と。すごいぞ小学生。

12歳、おじまっこの眼差し(小島小6年生オリジナル仏画展)

2020/03/03 – 2020/03/15

昨年に引き続き、今年も地元の清水小島小6年生の描いたオリジナル仏画をぜひ地元のみなさんにも見ていただきたいとの思いから、実物をお借りしての展覧会を行います。子どもたちが、国宝や重文として伝わる仏像をモチーフに「自分ならこんな仏さまにいてほしい」「こんな世の中であってほしい」という思いを自分なりの筆運びで表した仏画は、見る私たちに大切な「すなおさ」と「あたたかさ」を思い出させてくれます。(見る私たちの素直さも問われます)
期間中は、普段通り境内と本堂を開放しておりますので、子どもたちの遊び場や自学習・読書の場として活用いただけます。時節柄、体調不良の子は不可ですが、手指消毒液や子ども用マス...

詳細

〈2月の予定〉
1日(土)朝8時半 土曜子ども寺子屋
1日(土》昼1時半 宮沢賢治朗読会 妹トシの死ー無声慟哭ー
2日(日)朝6時 坐禅会(無料)
11日(火)夜7時 ジャイロキネシス(美友紀先生、1,500円)
14日(金)夜7時 写経会500円
15日(土)朝8時半 土曜子ども寺子屋
20日(木)18時半 おじま分福食堂(共生食堂)おとな300円中学生200円こども100円幼児無料
23日(日)朝7時 ヨガ(大原正興先生、1,500円)
25日(火)夜7時 ジャイロキネシス(美友紀先生、1,500円)
27日(木)夜7時 ヨガ(中村千夏子先生、1,500円)
28日(金)夜7時 写経...

詳細

今年の「大人の寺子屋」第一弾、『宮沢賢治朗読会 妹トシの死 −無声慟哭−』。おかげさまで無事に終了しました。賢治と同郷である森下つま子さんの岩手弁の朗読は、賢治と妹トシがそこに蘇ったような生々しいまでの肉声を聴かせてくれました。ご友人の嬉野さんによる琴の引き謡いも素晴らしく、初春の分かち合いにふさわしいひとときとなりました。
今後も同様の企画を考えていきたいと思いますので、どうぞどなたも足をお運びください。

宮沢賢治朗読会 妹トシの死 −無声慟哭−

2020/02/01 – 2020/02/01

ora orade shitori igumo おらおらで しとり えぐも
静岡福祉大学の公開講座で知り合った森下つま子さんによる朗読会です。嬉野紀子さんによるお琴とともに。入場無料、どなたもどうぞご一緒に。

一年の感謝と新年の無事を祈り、ご一緒に除夜の鐘をつきましょう。どなたでもついていただけます。みかんとお札と記念品がいただけます。温かいお汁粉をご用意してお待ちしています。

昨年から意識的に始めた出張型の「分福法話」。おかげさまで、たった一年ほどの間にたくさんの方からお声がけいただきました。貴重な機会をいただきありがとうございます。金額は問いませんし、必要として下さればどこにでも参ります。無料よりは負けません。必要な場合は、どうぞお声がけ下さい。

第16回2019年11月2日(土) 対がん協会主催 ピアサポーターフォローアップ研修「ラポール(信頼関係•精神感応)の作り方〜思いの見える化を考えてみましょう」25名
第15回2019年10月15日(火) 静岡福祉大学公開講座「住職と考える『セルフケア』の方法」@静岡福祉大学 25名
第14回2019年10月9日...

詳細

クチコミ

1 年前
二ヶ月に一回いいなか広場やってます。美味しいお店出店してます。
遠藤正義
1 年前
いいなか広場、楽しかったです☺️
大村美保子
4 年前
坐禅会で定期的に通わせて頂いております。住職の方の人柄が大変素晴らしく、毎月の坐禅を気持ち良く行わせて頂いています。
ゆっけ

ここは分福・分かち合いの場所。

茶畑に囲まれた清々しい空間の中で、かけがえのない禅の体験を味わってみましょう。
龍津寺公式サイト
公式Facebook

■体験型の禅寺とは
仏教の目的は、単純にひとりひとりが幸せになること、幸せを分かち合うこと。その思いを私たちは分福というキーワードでつないでいきます。

龍津寺では、子どもから大人まで参加できる学びと遊び、そして分かち合いの場を設けています。初心者歓迎、どなたもどうぞご参加下さい。

※2018年9月より『どこでも分福出張法話(投げ銭式)』を始めました!
都合が合えば、会社でも学校でも病院でも施設でも、テーマに応じてどこにでもお話に伺います。どうぞお問い合わせ下さい。赤字にするわけにもいかないので交通費のみ別途です。

<龍津寺の催し・宗教宗派不問>
→こんなことをやっています。
  1. お茶飲み相談(お茶の分かち合い、いつでも)
  2. 土曜こども寺子屋(小学生以上対象、月2回)
  3. おじま分福食堂(月に一度はみんなでごはん!地域の共生食堂)
  4. 坐禅会〔月1回〕
  5. 写経会〔月2回〕
  6. ヨガと坐禅〔月2回〕
  7. ジャイロキネシス(月2回)
  8. ご詠歌会〔随時〕
  9. ほうもう舎(通学合宿、年1回)
  10. いいなか広場(いいなかおこし隊主催のマルシェ、奇数月に開催)
  11. どこでも分福出張法話(投げ銭式法話)
  12. 各種修行体験
  13. 各種学校・団体・企業研修会など
  14. 葬儀、永代供養、水子供養、各種供養(檀信徒を問わず)

分福法話:お声がけ下さったみなさま
第1回2018年10月2日(火)「じんとでんとどう」気楽にお話を聴く会@清水駅前銀座ミルククラウンカフェ&バー 22名
第2回2018年12月22日(土)「じんとでんとどう」交流会@清水区有度国際セミナー 約30名
第3回2019年1月12日(土)「じんとでんとどう」@龍津寺大般若祈祷会 約50名
第4回2019年1月21日(月)「しんとじんとふくしとあなたとわたし」職種連携のゲストティーチャー@静岡福祉大学 約30名
第5回2019年1月23日(水)「ミニ版自己紹介&しんとじんとふくしとあなたとわたし」カフェデモンク@幸ハウス 約7〜8名
第6回2019年2月5日(火)「しんとじんとあなたとわたし」総合学習&地域学習〜坐禅体験@清水小島中学校 約20名
第7回2019年2月10日(日)「しんとじんとあなたとわたし」清水高部ライオンズ(少年野球)坐禅研修会@龍津寺 33名こども22名おとな11名
第8回2019年2月21日(木)「しんとじん・いりょうふくしとあなたとわたし」緩和ケア研修会@清水厚生病院 約100名
第9回2019年6月7日(金)「じんとでんとどう」日立ハイテククーガーズ(Wリーグ女子バスケットボール)合宿研修@龍津寺 約30名
第10回2019年6月21日(金)「じんとでんとどう〜両河内の自宅でずっとしわせに暮らすために必要なこと」しあわせ大学@両河内生涯学習交流館 27名
第11回2019年7月23日(月)「駿河と地獄と白隠さん」特別講座「しずおか学」@静岡県立大学
 第12回2019年8月23日(金)小島児童クラブ&三保第一児童クラブ合同座禅会「地獄極楽と仁のお話」@龍津寺 約80名 
第13回2019年10月8日(火)静岡福祉大学公開講座「いま、しずふく介護教員が伝えたい!」『住職と考えるラポール(信頼関係・精神感応)の作り方』@静岡福祉大学 23名
第14回2019年10月9日(水)多治見市南姫地区社会福祉協議会視察研修「おじま分福食堂の開店」@龍津寺 約10名
第15回2019年10月15日(火)静岡福祉大学公開講座「住職と考える『セルフケア』の方法」@静岡福祉大学 25名
第16回2019年11月2日(土)対がん協会主催 ピアサポーターフォローアップ研修「ラポール(信頼関係•精神感応)の作り方〜思いの見える化を考えてみましょう」25名

※基本的に、事前の申し込みは不要です。
※各種ボランティアも募っています。
※詳しい日程は、次のページを御覧ください。
龍津寺公式ホームページ
龍津寺公式Facebook ページ

■龍津寺について
龍津寺は、瀧脇松平家・小島藩主の香華所として、また、白隠禅師の由緒をいただく禅寺として、長い歴史を綴ってまいりました。広大な境内では、古来より無農薬でのお茶の栽培も行なっています。
現代の龍津寺の様子は、そのままに写真をご覧下さい。
小島は、田舎で決して便利な場所ではありませんが、ともかくも目の前に生きている方に少しでも安心していただけるように、本来のお寺のあり方を全うしてまいります。

仏教の目的は、単純にひとりひとりが幸せになること、幸せを分かち合うこと。その思いを私たちは分福というキーワードでつないでいきます。

■お知らせ
龍津寺では、おじま観音 慈心塔にて納骨・永代供養を承っております。
お墓を建てることなく、子どもたちの歓声が響く賑やかな場所で、個別にお骨をお預かりし、年に4回みんなでお参りする総供養の行事と、忌明けから三十三回忌まで安寧の法要をおこない、その後も境内で供養を続けます。 

30年余りの永きに渡る管理と供養のため、一式50万円と決して安い金額ではありません。
しかし、だからこそ、かけがえのない大切な方のために、「このお寺のあり方を気に入っていただけた上でご検討いただければ幸いです。
 
人も大きく動く時代、一時的有期的な墓所として選ばれる方もいらっしゃいます。小さな疑問でもご相談に応じます。
詳細は下記までお問い合わせください。

拈華山 龍津寺(りょうしんじ)
住職 勝野秀敏
〒424-0305
静岡県静岡市清水区小島町135
054-393-3028


お問い合わせ

お問い合わせ

今すぐ電話
  • 054-393-3028

住所

ルートを検索
日本
〒424-0305 静岡県
静岡市清水区小島町135
お問い合わせ
メッセージを送信しました。すぐに折り返しご連絡差し上げます。